ザ・スクロース

新曲「帰り道」

ここに書かれた文章を読むのって、よほど興味をもってくださっている方しかいないのでは——という基本的なことにようやく気づきました。

先日公開いたしました、ザ・スクロースの新曲「帰り道」。新曲とかいって「ずいぶん前につくった曲を最近録音しただけ」ということも多いのですが、これは作詞作曲して録音して公開するまで二週間くらい。ちゃんと新曲です。

帰り道での頭の中を、そのまま詞に起こしたので「帰り道」。仮の仮のタイトルでしたが、「全部シンプルにしよう」と思って、採用しました。ただ、帰り道に考えたり、帰り道のことを歌った詞はとても多いので、「帰り道その二」「帰り道その三」とかどんどん増えてしまいそうで心配です。

あ、——です、全部シンプルにしようと思いました。ドラムもベースも二本のギターも、ずっと同じ単純なフレーズのくりかえし。サービス精神とかできるだけとっぱらいました。特に詞は、悩みや不安みたいなものを、素直に言葉にしたつもりです。結局伝わりづらいものになっているかもしれませんが、ぼくなりの、精一杯の「素直」。

こんな気持ちをこんな曲にして、ひとに聴かせて、何か意味があるのかしら。つくりながらそう思っていましたし、今も少なからず思います。だけど、そんなこと考えたってしかたないので、発表してみたわけであります。今のところ、詞も曲も演奏もサウンドも、とても気に入っています、実は。(誰も何も言ってくれないけど……)

読んでくださる稀有なあなたに、丁寧におはなししたかったのですが、例によって薄い内容になってしまいましたね。うーん。我慢してください。