ザ・スクロース

スターライト

見上げた青 絵心のない空
うそつきトンビ 僕はかりんとう
ビルの頭 横切る飛行機雲
そんなのずるいでしょう

バイバイ、いつも見ていた宇宙の向こうへ
伝えてみたいのが それが本当のぼくで
待っていてくれるのなら言います

燃えるガソリン 焼けるゴムの匂い
ゆらゆら人の群れ 君はおほしさま
走る猫と 転がるサッカーボール
あとさき考えていないようです

バイバイ、ちょっと破れた絵本の世界へ
探していたものは くだらなかったので
きっと捨ててしまったのでしょう

バイバイ、いつも見ていた宇宙の向こうへ
伝えてみたいのが それが本当のぼくで
待っていてくれたようなので

バイバイ、ずっと求めた理想像
「バイバイ」
愛していたいのはわがままな君
もっと苦しめてよ、スターライト

戻る