ザ・スクロース

散歩

川沿いの道を
ゆらり歩いたり
たまに歌ったり
郵便屋さんと
すれ違いざまに
思い馳せたり
目がかゆかったり

とけないで幻
いつもここで笑っていて
吐き出した気持ちも
今はただ聞いていて

電信柱の
影に染まったり
けつまずいたり
前を歩くスカートの
チェックと歩幅に
懐かしんだり
鼻すすったり

消えないで木漏れ日
いつか見たままでいて
泣き虫が鳴く街
かすむときまでは

歩道橋の上から
足跡なぞったり
雲つないだり
猫かと思ったら
カレーパンの袋じゃない
って声出したり
猫もいたり

止めないで指先
いつのぼくが決めたの
負け恥も誇らしい
風が冷たい

戻る