ザ・スクロース

シュローダー

街は——ほどけた靴のひもと雲の狭間で
まだらな声と今朝の活字とをかき混ぜた

歩き疲れてみようか、背中がかゆくなるまで
さびしい夜も今日はどうかばかな顔して待っていて

人を待つ人——二本の腕とお腹に挟まれ
おもちゃのピアノを座って鳴らす彼に尋ねた

そっちの世界はどうだい?
君の好きな音を教えてよ
歩きつかれたよ、シュローダー
家へ帰るよ、憂うだろうけどしょうがない

寝転んだままでいようか、背中が固くなるまで
さびしい夜だ、今日はどうやら
ばかな顔して待っていてくれたのなら
しょうがないや

戻る