ザ・スクロース

日記帳

寒いや ねえ、もう少しだけ布団に潜っていさせて
あ それとさ、切ないやね

気づいたらあと少しだけ 昨日の自分と待ち合わせ
でも、おめかしはしちゃいけないのよ

今まで頭に詰まっていたゴミはまるで目も当てられないけど
ときどき混じった薬の効き目があの日とは違ってきたみたいだ

だけど、よくもまあこれだけ並んだね どんな自画像だい?
今のぼくはそこにいないのね

裸足で登りかけた山は名前もつけきれないけど
足の裏払って落ちた砂粒が少しずつ積もってきたみたいだ

未だに頭に詰まった石ころは真珠のつもりで居座るけど
答え合わせを投げ出したらあの人はどんな風に思うのかな
まあ、それはいいかな

戻る