ザ・スクロース

時間よ、歩きたまえ

したいしたい、期待していたい——いけない 危ない!
どうして邪魔するの?
見返したいんじゃないよ なんでわかんないの?
プリーズ・ドント……かまわないで

ポプラの綿毛が積もった春のゲレンデはプラスチックみたいだ
……ぼくの勝手でしょ

見慣れた時計は決まって3時
おやつはもういらないから君にあげよう
きれいなごみに埋もれた君によく似合うよ
ぼくは好きなものが好きだから

昔々の話は聞かない 知らない
汚い笑顔は見たくない
「うまくいかないよ」なんて関係ない
どうしてそれがだめなのさ

ぶらり立ち寄った古い喫茶店のオムライスは360円
……おいしくないけど

きらいな歌ならわかっているんだ
何も言わないから君を聴かせて
プライドなんてないけどぼくとよく似ていたら
それでちょっとうれしいから

まつ毛の先に刺さった白いほこりがぼやって光った
それがどうしたっていうのさ

疲れたくらいじゃ黙る気もないけど
もう何だっていいからこっち向いてよ
つかんだメロディ離さないように
君に書き留めるから

見慣れた時計は決まって3時
おやつはもういらないから君にあげよう
狙い通り星降る町にかっこつけて
精一杯の「ハロー」

戻る